Pop Up Wedding | Case Study #1

Theme: Urban Green Wedding

時期:2016年5月某日

東京の表参道近く。青山通りと六本木通りに挟まれた隠れ家レストランでウェディングパーティーが執り行われました。
Pop Up Weddingでは新郎新婦と話し合って決めた「緑のウェディング」というテーマを踏まえ、バージンロードを芝生にし、流木を組み合わせた祭壇を演出に加えたりと、ふたりのオリジナルなウェディングをサポートしました。

式の列席者は一人一人お好みの花を一輪持ってバージンロードを囲い二人を祝福。
式が終わって、列席者が持っている花を席に置いてある花瓶に全員が挿してからウェディングパーティーをスタートさせることで、パーティーの演出に列席者も参加しているという空気を作り出しました。

また、当日列席者に配ったリーフレットには、パーティーメニューや席次表はもちろんのこと、二人から参列者へのメッセージやプロフィール、二次会の案内告知など、盛りだくさんの情報を一つにまとめ、見やすくするためにリーフレットの折り方に工夫を施しました。

席次札には、新婦の趣味である「読書」に紐付けて、木製のしおりを席札として利用し、式が終わった後でも記念品の一つとして持ち帰っていただけるようにしました。

ちょっとした工夫で、列席された方々の印象も変わってくるものです。
皆さんはどのような列席者へのおもてなしをしてみたいですか?